1.メールアドレス収集ロボット対策
2.訪問者から連絡を貰う3つの手段
3.収集されないためのメールアドレスの工夫
4.エンティティ表記はSPAM対策として有効か
5.メールアドレス収集ロボットを使用した収集確認
6.暗号化メールアドレスの簡単生成
7.Outlook Express メッセージルールによるSPAM対策
8.このサイトへのリンク

Outlook Express メッセージルールの指定方法

1. スパム受信フォルダ「spam」を作成する
「ファイル」−「新規作成」−「フォルダ」(右図)で
フォルダ作成画面(右図)を表示し
フォルダ名に"spam"を入力し、「OK」をクリックする

同様に「spam英字」のフォルダも作成する

2. メッセージルールを作成する
「ツール」−「メッセージルール」−「メール」(右図)で
新規のメール ルール画面(右図)を表示し
①「メッセージ本文に指定した言葉が含まれる場合」を指定
②「指定したフォルダに移動する」を指定
③適当にルールに名前を付けておく
④「指定したフォルダ」をクリックし、「spam」フォルダを指定
⑤「指定した言葉が含まれる」をクリックし、「単語の入力」画面
    で"xxx.net"、"yyy.com"や"zzz.tv"を指定する



参考
②「削除する」に指定してもOK(削除済みアイテム内で混在します)
「spam」フォルダ内のものを削除する時、shiftキーを押しながら
削除すると、削除済みアイテムを経由せず、直接削除できます
②「サーバから削除する」に指定しては機能しません
http://support.microsoft.com/default.aspx?scid=kb;ja;840555

3. 受信トレイに混入するspamについて
「ツール」−「メッセージルール」−「メール」で
メッセージ ルール画面(右図)を表示し
①をクリックし、フロックしたい言葉(誘導するドメイン)を指定

約1週間程度、受信トレイに入り込むspamについて
次々登録すれば、ほとんど、受信トレイに混入しなくなります


次に②で英字メールをフロックするルールを作成します
4. 英字メールとは "、。てにをはあいうえおか" を含まないものとし
上記の2.での「新規のメール ルール」画面で指定します

2.の①「メッセージ本文に指定した言葉が含まれる場合」を指定
2.の②「指定したフォルダに移動する」を指定
2.の③適当にルールに名前を付けておく
2.の④「指定したフォルダ」をクリックし、「spam英字」を指定
2.の⑤「指定した言葉が含まれる」をクリックし、、「単語の入力」
    画面で、"、。てにをはあいうえおか"のすべて
    を1文字づつ指定します

2.でのルールと異なるのは"含まない"としなければいけない事です
その方法は「単語の入力」画面で「オプション」をクリックし
ルール条件のオプション画面(右図)を表示し
①「メッセージが次の言葉を含まない場合」を指定します








PR ->  太陽光発電遠隔監視システム